若林健太

若林健太

若林健太

卒業シーズン

2017.03.06

まだまだ朝晩は氷点下となる日もありますが、日中の陽の光に力強さを感じ春の足音を実感します。蕗みそや蕗っ玉の天ぷら。雪の解けた田んぼの畔などに顔を出して、食卓に出ると春が来たなあと感じます。

 

3月卒業シーズン。我が家も、大学3年の長女が就職戦線に入り、次女が高校を卒業しました。PTA会長としての仕事も一段落です。次女は来月から東京の生活が始まるとの事で準備に忙しくしています。元気で成長してくれたことを嬉しく思う気持ちと、少し寂しさを感じています。授業料に下宿代、家計における教育費負担もピークを迎えます。家内は盛んに切り詰めなくちゃと呟く毎日。親の責任を果たしきるまで、今少し頑張らなければと思います。

 

225日に開催頂いた「健誠会若林けんた後援会2017新春の集い」は850席用意した座席で足りず、部屋の外にもテーブルを設置して対応させて頂く程に多くの皆さんに集まって頂きました。昨夏の敗戦から初めての集会。どのくらいの皆さんが集まってくれるか心配しておりましたが、地域後援会の皆さんを中心に、いつもより多くの皆さんが心配したり、再起を誓う気持ちで集って頂きました。大きな勇気と元気を頂きました。心から感謝申し上げます。今回は出席頂いた皆さんへ電話で御礼をしようと取り組んでいます。合間をみては電話するので、一か月も掛かるかもしれませんが、ご容赦賜ればと思います。

 

世耕経済産業大臣の講演も好評でした。理路整然とお話を頂き、講演録がそのまま読み物になるようだと言う人も居ました。内容は3部構成。一つは、日米首脳会談の様子と評価、二つ目は、第4次産業革命。日本経済は、今起こっている技術革新の波を乗り越えることで、再び世界の中で存在感を示し続けて行けるか試される大事な時を迎えています。3つ目は、プーチン露大統領との会談についてでありました。

 

4次産業革命に関して、3つのキーワードを示されました。自動車産業の自動運転、IOTAI(人工知能)。自動車の自動運転については、2020年東京オリンピック時に、実際に会場間をつなぐ公共輸送を担う無人の車が登場するだろうと予測。更に実証実験などを通じて、市販される時期もそう遠くないそうです。この開発競争に鎬を削っている中、主導権を日本企業が握っていく事が大切であり、政府としても後押しをしていくとの表明がありました。

 

IOTは全てのものがインターネットにつながる新たな時代の到来を言います。そして、AI(人工知能)が発達すると定型的な判断を任せるようになり、これらが進展すると世の中が一変するような変革が訪れます。あらゆる産業が対象となり、新しい時代を切り開く可能性を秘めています。例えば、冷蔵庫がインターネットにつながり、貯蔵している内容を情報管理する。スーパーの前を歩いているだけで、スマホを通じて、足りない食材を購入する指示が飛ぶというような具合に、生活様式を根本から変える社会が実現します。世耕大臣も、最近、海外企業に買収されるなど、元気のない日本の家電メーカーにも、新しい世界で、イニシアティブを取って貰いたいとの期待を表明されていました。

 

1次産業革命では蒸気機関などの動力が発明され、人は、体を使っていた仕事から解放されました。インターネットの出現は、情報の調査や管理から解放されました。今度の技術革新は、人が定型的な判断から解放されるようになります。人は、より高度な判断をする業務に特化するようになります。我が国は、こうした新しい社会を目の前にして、世界の標準となるようなリーダーシップを取って産業を発展させるため、政治の果たす役割が期待されています。

 

自民党本部で毎朝8時から開催されている部会では、こうした産業戦略全般の議論等を熱心に行っています。国会でも、各委員会質疑等では、政策の議論も与野党で行っていますが、残念ながらテレビで放映されません。テレビ放映は、予算委員会などに限られており、野党は、数少ないチャンスとばかりに、スキャンダルの追求など行い与党を追い詰める姿を印象付けようとします。自分自身も野党議員時代の経験がありますので、ある程度、政局がらみでスキャンダル攻撃をする事を致し方ないと理解しますが、もっと政策論争をしている各委員会等もテレビ放映するようにしたら良いんじゃないかと思います。そうしないと、いつまで経っても「政治なんてそんな程度」と不信感を持たれてしまうのではないでしょうか。特に、公共放送などは、民放が流しているバラエティ番組のような内容をやる必要はなく、もう少し、そうした取り組みをして貰いたいものです。

 

来年度予算審議は参議院に舞台が移っていますが、既に、2月中に衆議院で可決されていますので年度内成立は確実に見通せる事になっています。与党ペースで順調に進んでいますが、これから予算関連以外の法案が上程され、4月以降に審議が行われて参ります。天皇陛下の生前退位やテロ等準備罪の導入を含む組織犯罪処罰法改正案など話題となる法案が提出されてきます。

 

天皇陛下の生前退位を巡る問題も、両院正副議長の下で15日前後を目途に与野党の意見集約を行うとして、各党各派の意見取り纏めの大詰めを迎えています。特例法に基づく一代限りの対応とするのか、皇室典範の抜本改正を行い制度として導入するのか、与野党の意見は違います。しかし、憲法に「天皇の地位は国民の総意に基づく」とされている以上、出来れば与野党が一致して制度改正へ取り組めるようにするのが望ましいと思います。生前退位自身は、与野党とも必要性を認めているのですから、議会の知恵を総動員して対応して貰いたいものです。

 

テロ等準備罪の導入を含む組織犯罪処罰法改正案も、自民党内の法案審議が終わり国会に提出される運びとなっています。先月の審議を観ていると、法務大臣の答弁に安定性を欠いており心配です。閣僚一人辞任に追い込めば、内閣支持率も5%以上下がると言われており、野党が手ぐすね引いている事でしょう。2020年東京オリンピック開催を考えると国際社会との連携を深めつつ国内のテロ対策を充実させて行かなくてはなりません。各国間での情報交換を行うためにも、国連が2000年に採択した国際組織犯罪防止条約の批准が必要であり、それには、当該法案を成立させなくてはなりません。大臣答弁への準備に万全を期して乗り越えて貰いたいものです。

 

ここへ来て、関西の森友学園の小学校建設予定地を巡って国有財産払い下げ取引が違法だったのではないかと疑惑が指摘されています。8億円を上る値引きの妥当性、保育園の教育の在り方に関する問題、汚染土壌の処理の問題。論点が幾つかに分かれていると思います。財務省理財局が値引きに関わる基礎資料を廃棄したという説明は如何にも稚拙だと言わざるを得ません。会計検査院が調査に入っているようですので、徹底的に行う必要があるでしょう。政治の関与に関する問題も調べ上げるべきです。野党は安倍総理に関連付けた印象を与えようと必死ですが、国有財産払い下げに関わっている事は一切ないのだから無理があると思います。夫人の名誉校長就任は脇が甘かったという批判は受けざるを得ませんが、まあ、事実関係をしっかりと正して、その上で責任の所在をはっきりさせる事が大切でしょう

 

世界の動きが速くなって、大きく変革していく時を迎えています。日本の発展のため、政策決定を如何にあるべきか決断を迫られる重要な時を迎えています。この時に政策決定の場に居ない事は残念至極です。いずれ復帰した時に、多くの皆さんとお話する中で伺っている地域にとって必要としている政策要望を、早速繋いで、形にしていけるように、今の自分を鍛え直して参りたいと思います。

 

春の訪れと共に花粉に悩まされている人も多く出てきているようです。季節の変わり目。体調管理も大切な時。お気を付けいただきご活躍を祈念申し上げます。 


「新春の集い」ご協力いただき有難うございました

2017.02.26

225日に開催されました「健誠会若林けんた後援会新春の集い」におきましては、公私ともお忙しい中を、850名超える皆さんにお集まりを頂き盛大に開催することが出来ました。多くの皆さんから激励を頂き元気の源を頂き、心から感謝申し上げます。事務所スタッフ一丸となっておもてなしさせて頂きましたが、行き届かない事も多かったと思います。ご容赦賜りまして、これからの活動の中で、膝交えながらゆっくりとお付き合いさせて頂き、お返しさせて頂くようにして参りたいと思います。宜しくお願いします。

それぞれの皆さまには、昨年の参議院選挙に際して大きな力を頂きました事に、改めて、心から感謝申し上げます。残念ながら議席を失う事になり、多くの皆さんの思いを国政に届けることが出来なくなった事に責任を痛感し、申し訳なく思っています。今後の身の振り方について悩みましたが、税理士・公認会計士の仕事に戻ることなく、国政復帰を目指して政治の道を歩む決意を固める事としました。私は、ふるさと信州のため、子供たちのため、日本のために、政治の道で、身を挺して貢献して参りたいと心底思っており、今は、街頭遊説、地元での戸別訪問、ミニ集会など重ねているところです。

トランプ大統領誕生やイギリスのEU離脱など、世界の歴史が大きく動き、国内でも、地方創生、働き方改革、中山間地への対応など、まさに、政治の決断が重要性を増している時、私自身が政策決定の場に居ない事が残念ですが、こういう時に、どう過ごすのかを神様も人も見ていると思います。幸い、東京後援会でも再起を目指して支援活動を続けて頂くお約束を頂き事務所を開設して頂きました。また、近畿大学客員教授として月に一日程度ですが学生相手にお話しする機会も頂きました。もう一度、人生の仕切り直し、ゼロからのスタートとの気持ちをもって、自らを鍛え直し、這い上がって参りたいと思います。どうぞ、引き続きのご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

皆様におかれましては時節柄、お体ご自愛いただきまして一層のご活躍をされますことをご祈念申し上げますと共に、皆様からの激励に心からの感謝を申し上げ、御礼のご挨拶とさせて頂きます。

 


1月20日米国大統領就任から2週間余りが経過しました

2017.02.02

1月中旬の大雪で雪かきを行い、節々が痛いと言われている人が多く居らっしゃいます。私も久しぶりに数日連続して雪かきを行いました。お婆ちゃん一人暮らしの隣の家までは我が家の責任と思いかいていると、ご近所でも手伝いに来てくれて、皆さんとの会話が弾みます。雪かきは大変だけど、近所のコミュニケーションの場でもあります。毎年繰り返される冬の一コマですね。

 

120日米国大統領就任から2週間余りが経過して、次々に繰り出される大統領令に世界中が振り回されています。選挙時に刺激的な発言をしていても、いざ大統領になったら常識的な政策を実行するのではないかと言った淡い期待は見事に裏切られたようです。メキシコ国境の壁、NAFTAの見直し、TPP脱退、イスラム諸国の入国制限、ついに為替への口先介入まで、、、、、アメリカファーストの下で、亀裂と対立を世界中にまき散らしています。

 

外務大臣政務官としてメキシコには何度か訪れ、グラハルト経済大臣ともバイ会談を行ない、太平洋同盟の会議では、ペチャ・ニエト大統領ともご一緒しました。日本とメキシコの間にはFTA、北米大陸はNAFTAがあるので、工業製品が関税を受けずにメキシコへ輸出され、組み立てられた上で、無税で米国市場へ提供できる環境が整っていました。米国の自動車メーカーと共に、日産を始めとした日本の自動車メーカーもメキシコへ大きな組み立て工場を投資していました。ペチャ大統領、グラハルト大臣は「メキシコの主要産業は自動車産業」と良く言っていました。自国資本に拘らず、オープンな投資環境を整え、産業を振興する。その方針は一貫していました。中南米を含むアメリカ大陸にある多くの国が米国経済の影響を受けながら、米国を忌み嫌い、距離を置こうとする中で、自国経済発展への道筋をしっかりと見据え取り組む姿勢に感銘しました。G20の一角に入り、中米諸国のリーダーとして、経済発展に勢いを感じたものでした。そのメキシコと米国は国境の壁建設や関税を巡って対立をして首脳会談が流れてしまう事態に陥っています。

 

数年前、著名な国内の経済学者と議論をした時、次のような面を指摘されました「BRICSなど新興国の経済発展によって、米国の世界経済におけるシェアが相対的に低くなっているが、10年、20年先も、質量とも世界で一番なのは米国だと思う。何故なら、移民大国の米国は、世界の頭脳を集め、常に最先端の技術革新を続けている。日本のような人口減少問題は心配ない。高度人材も、そうでない人材も、国境を越えて、常に供給されるからだ」

 

トランプ大統領が目指すアメリカ。自由貿易と移民国家としてのメリットを十分に享受していたはずの同国が、これらに背を向け始めた時、一体、何処へ向かっていくのでしょうか。今後の行方に目が離せません。

 

安倍総理大臣は128日にトランプ米国大統領と電話会談をしました。23日にはマティス米国国防長官が来日。210日にワシントンで首脳会談が行われる事となりました。大切な同盟国としての日本との関係を重視して再構築しようとする米国側の姿勢も伝わってきます。日米関係の基本的認識を共有する事が大切であり、安全保障と通商問題が主要テーマとなるでしょう。

 

軍事大国化する中国や独裁国家北朝鮮を抱える東アジア地域での平和と安定を守る事が米国にとっても必要な事であり、尖閣列島が日本固有の領土として日米同盟の適用対象になるとの言質を取らなくてはなりません。その上で、平和憲法の下、専守防衛に特化する自衛隊に関して理解を得て、日米同盟での役割分担に関する基本的な認識を共有するようにして欲しいものです。

 

公約通りTPPからの脱退について大統領令を発布しました。その一方で、EUからの完全離脱を宣言する英国のメイ首相とは第一番目に首脳会談を行い、二国間のFTA交渉を行うことで合意しました。恐らく、安倍総理との首脳会談でも2国間FTAへ向けた要請を受ける事になるでしょう。日本は豪州との間のFTAは既に結んでおり、このまま米国がTPPから脱退したままでは、日本の輸入牛肉市場はOGビーフに席巻されるようになるので、米国も悠長な事を言っていられません。一方で、我が国にとっては、既に自動車関税はゼロとなっており、農産物輸入について厳しい要請が行われるのではないかと危惧しています。慎重な対応が必要でしょう。

 

トランプ米国大統領が最初の会談相手にメイ英国首相を選び、両国の特別な関係に言及され、二国間FTA交渉を開始するとの発表を受けて、私の眼には時代の変わり目を象徴する姿に移りました。レーガノミクス、サッチャーリズムに代表される新自由主義政策を実行し、グローバル世界を牽引してきた両国が、お互いに、グローバルに背を向けて新しい時代を開こうとしている。文明の衝突へ向けた扉がいよいよ開きました。

 

価値観の転換を含む社会構造の大きな変化。革命ともいえる時代の変化は、70年前後に訪れるという人が居ます。享保の改革(1716年)、寛政の改革(1787年)、 明治維新(1868年)、終戦(1945年)、、、、世界史でも、同じように説明されており、戦後70年を経て、まさに、大きな歴史的な転換点を迎えているのかもしれないと思っています。

 

世界が歴史的な転換をしようとしている事を十分意識しながら、日本の選ぶべき道は、保護貿易の誘惑や孤立主義に堕する事無く、自由で公正な世界市場の形成に向けて努力をしていく事が大切だと思います。日本が世界の平和と安定のため軸足をぶれずに行動することを求める諸外国は多いと思います。アセアン諸国とのRcepEUとのEPAなど、引き続き取り組むべきでしょう。今こそ、日本が世界にリーダーシップを発揮する時かもしれません。

 

この大切な時期に国政に議席を失い、政策決定に参画できない事が残念でなりません。しかし、世界の動き、日本の選択を注視しながら、地域の中にあって、その影響に目を向けて、再び政策決定の場に立った時、即座に役に立てるように精進して参りたいと思っています。

 


【新春の集い】開催が決まりました

2017.01.27

【告知です】
日頃ご支援を頂いている皆様との交流の場として、世耕弘成 経済産業大臣を講師にお迎えし、「新春の集い」を開催させて頂く事となりました。皆様には何かとお忙しい折とは存じますが、お一人でも多くの皆様にご出席賜りたく、ご案内申し上げます。


詳細、お問い合わせはトップ画面よりご確認ください。


月別に見る