若林健太

若林健太

若林健太

安倍総裁 演説会

2018.09.11

既にご承知頂いていますように、9月7日告示、20日投票日にて自由民党総裁選挙が開催されています。
北海道の地震への対応のため、本格的な選挙運動が開始されたのは10日からとなりましたが、18日には、下記日程で安倍晋三候補が長野入りして演説会を開催いたします。

議院内閣制度を取っている我が国では、与党第一党である自由民主党総裁が内閣総理大臣となります。
昨年末までに自民党員へ登録頂いた方に投票権がある事になりますが、党員でない方にも、次の3年間、日本の舵取りを託する総理大臣を選ぶ大切な機会ですので、是非、総裁選挙にご注目を頂き、ご都合をつけられればご参集賜り、直接、安倍晋三さんのお話をお聞き頂けると幸いです。

なお、9月2日日曜日に松本ブエナビスタで開催されました「安倍晋三候補を応援する会」には、この告知を見てご出席頂いた方もいらっしゃいました。
急遽、本人の出席が出来なくなり、甘利明 安倍晋三選対事務総長の講演となりました事、お詫び申し上げます。幾つかのお叱りを頂きました。
18日に関しては、現時点で、安倍晋三選対本部から、本人が万難排して長野入りする旨、連絡を頂いております。突然の災害対応などなければ変更はないそうですのでご了解を頂きたくお願いします。

 記


日時:平成30年9月18日(火)13:00開会

(混雑が予想されますので、早めに会場入りをお願いします)

会場:長野メトロポリタン 3F
長野市南石堂1346番地

電話 026-291-7000


以上

総裁選挙に当たって、安倍晋三3選を支持する理由について
今回の自民党総裁選挙には、安倍晋三前総裁と石破茂元幹事長が立候補しており一騎打ちの構図となっています。
私は、石破幹事長時代に副幹事長としてお仕えした事もあり、日本のリーダーに相応しい識見を備えている方だと思っています。
しかし、今回の総裁選挙に当たって、私は安倍晋三さんを支持します。
その理由について、下記にご報告させて頂きたいと思います。
日本を取り巻く世界の情勢は、貿易を巡る米中の対立、北朝鮮情勢など、不確実性が増しています。
トランプ米国大統領、プーチン露大統領、習近平中国主席など世界の首脳と渡り合い国益を主張して行くには、安倍晋三さん以外に代る適任者は居ないと思っています。
また、アベノミクスについて、まだ行き届いていないところもありますが、名目GDPは551兆円と50兆円以上増加、有効求人倍率も全国都道府県で1を超える等、マクロ経済は確実にデフレ脱却にむけて成果を上げています。
金融緩和政策の出口戦略や成長戦略、地方創生の在り方など、なお、その先の課題へ取り組んで行って貰いたいと思っています。
今回の総裁選挙では、地方創生の在り方について、石破さんがアベノミクスの手法との違いを指摘しています。
大企業や首都圏の成果を地方へトリクルダウンする手法でなく、中小企業や地方が自ら独自の付加価値を創り成熟した経済成長の源になるように政策を遂行するべきと主張しています。
石破さんの主張は、私自身のかねて訴えて来た考え方と近いところがあり、是非、総裁選挙を通じて、論点を深めて貰いたいものだと思っています。
いわゆる「もりかけ問題」等、先の国会では問題点を指摘された事もありました。
政権復帰した時の気持ちをもう一度思い出し、謙虚に政権運営をしていく事を求めて参りながら、安倍晋三さんの自民党総裁選挙3選に向けて、精いっぱい応援をしたいと思っております。
多くの皆さんのご理解を頂きます様にお願いします。


月別に見る