若林健太

若林健太

若林健太

新年おめでとうございます

2018.01.04

明けましておめでとうございます。健やかに新しい年をお迎えの事とお慶び申し上げます。我が家では、大学に通っている娘も帰省して、久しぶりに家族揃って食卓を囲むなど心温める時間を過ごさせて頂きました。年を重ね、家族の姿も変わって行きますが、年越しを平穏に迎えられる事が幸せだなと思います。

 

一昨年の参議院選挙で議席を失い2度目の正月を迎えています。公認会計士業務には戻らないと宣言して、国政復帰を目指しながら、毎朝の街頭演説、戸別訪問、ミニ集会など重ねております。

 

昨年10月総選挙では、全国的には自民公明の与党が圧勝し安倍政権が引き続き政権担当する事になった訳ですが、長野新潟では負け越してしまいました。取り分け、伝統ある長野1区では、戦後初めて衆参両院で自民党国会議員が一人もいないという事態に陥りました。小選挙区で4連敗をした挙句の非常事態であります。このままでは、小坂先生、倉石先生と続いてきた伝統ある保守の地盤が崩壊して無くなってしまいます。なんとしても、次回の戦いでは勝利をして、保守の地盤を再建しなくてはなりません。

 

保守地盤は、自民党の政党理念も大事ですが、地縁血縁を辿りながら地域に根を張った基盤を掘り起こしていかなければ再建する事は出来ません。小坂先生、倉石先生、親父のご縁を頼りながら、今一度、親戚や友人を訪ね歩き、再構築を図って参りたいと思っています。空中戦であった参議院選挙の体勢から、白兵戦となる衆議院議員選挙へ、長野1区衆議員選挙勝利に向けて組織体制をよりきめ細かく、しっかりと組み上げていかなくてはなりません。本年を勝負の年と位置付けて、準備を加速して取り組んで参りたいと思います。多くの皆様の引き続きのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

トランプ大統領のアメリカファーストを掲げた通商外交政策が姿を現し、今までの常識を覆すような事態が各地で発生しています。パリ協定、TPPからの離脱、NAFATA見直しが現実のものとなり、エルサレムへの大使館移転問題によって中東地域が不安定化しています。英国のEU離脱も20193月期限に向けて具体的な交渉が進みます。こうした世界の動きをみていると、人種や宗教によって、幾つかの文明圏に分かれ鬩ぎ合う「文明の衝突」へ、その姿が目の前に現れようとしているように思えます。

 

我が国を取り巻く外交防衛環境も厳しさを増しています。南シナ海など海洋進出の意欲を隠さない中国。国際社会の制止を無視してミサイル開発を続ける北朝鮮。日米同盟を基軸としながら、多くの国との協調を維持し対処していかなくてはなりません。圧力と対話のバランスを保ちながら徹底した外交努力を行っていかなくてはならず、政治の決断と覚悟が問われています。

 

AIIOTによる第四次産業革命は、広い産業分野に影響が及んできており、従来のビジネスモデルを根本から変えていこうとしています。メガバンクが大量に人員整理を取り組み、ついにトヨタ自動車がEVへ本格的に取り組む等、地殻変動ともいうべき変化の波が近づいています。自動車産業は日本経済の基幹産業として、部品など裾野の広い産業群を抱え引っ張ってきただけに、産業構造そのものを変える大きな変革が予想されます。内外とも大きな変革の時代を迎える今だからこそ、変わるべきものと変えてはならぬものを見極める事が大事です。不易流行を改めて自らに言い聞かせたいと思います。

 

残念ながら、この大事な時に議席を失っており、お役に立てない事が悔しくてなりません。七転八起。現在の厳しい時も変わらぬご支援を頂いている皆様に心から感謝申しあげ、頂いたご恩に報いていくべく頑張って参ります。

皆様の今年一年のご活躍、健やかな年となりますようにご祈念申し上げて、新春のご挨拶とさせて頂きます。

本年も宜しくご指導をお願いします。

 


月別に見る