若林健太

若林健太

若林健太

「新春の集い」ご協力いただき有難うございました

2017.02.26

225日に開催されました「健誠会若林けんた後援会新春の集い」におきましては、公私ともお忙しい中を、850名超える皆さんにお集まりを頂き盛大に開催することが出来ました。多くの皆さんから激励を頂き元気の源を頂き、心から感謝申し上げます。事務所スタッフ一丸となっておもてなしさせて頂きましたが、行き届かない事も多かったと思います。ご容赦賜りまして、これからの活動の中で、膝交えながらゆっくりとお付き合いさせて頂き、お返しさせて頂くようにして参りたいと思います。宜しくお願いします。

それぞれの皆さまには、昨年の参議院選挙に際して大きな力を頂きました事に、改めて、心から感謝申し上げます。残念ながら議席を失う事になり、多くの皆さんの思いを国政に届けることが出来なくなった事に責任を痛感し、申し訳なく思っています。今後の身の振り方について悩みましたが、税理士・公認会計士の仕事に戻ることなく、国政復帰を目指して政治の道を歩む決意を固める事としました。私は、ふるさと信州のため、子供たちのため、日本のために、政治の道で、身を挺して貢献して参りたいと心底思っており、今は、街頭遊説、地元での戸別訪問、ミニ集会など重ねているところです。

トランプ大統領誕生やイギリスのEU離脱など、世界の歴史が大きく動き、国内でも、地方創生、働き方改革、中山間地への対応など、まさに、政治の決断が重要性を増している時、私自身が政策決定の場に居ない事が残念ですが、こういう時に、どう過ごすのかを神様も人も見ていると思います。幸い、東京後援会でも再起を目指して支援活動を続けて頂くお約束を頂き事務所を開設して頂きました。また、近畿大学客員教授として月に一日程度ですが学生相手にお話しする機会も頂きました。もう一度、人生の仕切り直し、ゼロからのスタートとの気持ちをもって、自らを鍛え直し、這い上がって参りたいと思います。どうぞ、引き続きのご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

皆様におかれましては時節柄、お体ご自愛いただきまして一層のご活躍をされますことをご祈念申し上げますと共に、皆様からの激励に心からの感謝を申し上げ、御礼のご挨拶とさせて頂きます。

 


月別に見る